「FORTUNE(財富)」(中国語版)が2015年7月8日に、今年中国500強企業ランキングを発表した。

このランキングによると、上位3位は昨年度から変更なしで、Sinopec(中石化)は2.8万億元の売上で首位を守り、CNPC(中石油)とCSCEC(中国建築)とそれぞれ2位と3位である。ICBC(中国工商銀行)のランキングは1位上げて4位となり、CMCC(中国移動)は1位下げて5位となった。ICBC(中国工商銀行)は2,758億元の利益で最も儲けのある会社となった。これはアメリカの500強で利益が一番多いAPPLE社よりも多く、後者は395.1億ドル(約2418億人民元)の利益であった。

今年は新たに53社がランクインした。この1年で上場したばかりのWH Group(万洲国際)、大連万達商業地産(Dalian Wanda Commercial)、アリババ、Lens Technology(藍思科技)等を含む。その中、WH Group(万洲国際)は35位、大連万達商業地産(Dalian Wanda Commercial)は51位、アリババ81位、Lens Technology(藍思科技)は330位といったランキングであった。

[執筆: CMS中国リサーチ部]

当社チャイナマーケティングサービス(CMS)株式会社では、日本企業様の中国市場調査・中国進出・事業強化・中国マーケティング活動を支援しています。お気軽にお問い合わせください。 CMS本部窓口:contact@china-mkservice.com