中国のグラフェン市場規模は依然として小さいが、2015年度売上は大幅に成長した。Innova Research社の最新の調査では、2015年中国グラフェンの市場規模は約610万ドルで、2014年の140万ドルから336%成長した。

グラフェンは工業分野での応用により、2015年に大幅な成長を遂げた。例えばタッチパネル、防腐塗料とリチウムイオン電池などの分野での応用は、2015年に中国グラフェン市場の急速成長の要因となった。第六要素社は中国の主要グラフェンサプライヤーとして、既にタッチパネルと防腐塗料などの分野で量産出荷を実現し、主にスマートフォンと海上風力発電に応用されている。また、グラフェンエネルギー貯蔵分野での応用も加速している。グラフェンはリチウムイオン電池とその他の貯蔵エネルギー性能を改善できる素材と見られ、一例として循環寿命の延長とエネルギー容量の拡大が見込まれる。中国がリードするリチウム電池とスーパーコンデンサメーカーは、既に電動自動車、電動自転車と他の消費電子機器において、グラフェン機能電池の実証実験を開始したと発表している。
[執筆: CMS中国リサーチ部]

当社チャイナマーケティングサービス(CMS)株式会社では、日本企業様の中国市場調査・中国進出・事業強化・中国マーケティング活動を支援しています。お気軽にお問い合わせください。 CMS本部窓口:contact@china-mkservice.com