チャイナ・マーケティング・サービス は中国市場に関するマーケティング・リサーチ及びコンサルティング業務を中心にサービスを提供しています。

中国越境EC事業(新)

  • HOME »
  • 中国越境EC事業(新)

越境ECとは

最近、ニュースなどで「越境EC」というキーワードをよく耳にする、人も多いのではないでしょうか。
越境ECとは、簡単に説明すると「国境を越えて通信販売を行うオンラインショップ」のことです。
越境EC市場が活況となるきっかけとなったのは、「インバウンド」と呼ばれる訪日旅行をする外国人観光客の存在です。
中国人を中心とした外国人観光客が日本で大量買いする「爆買い」は、すでに皆さんにもおなじみですね。
そういった外国人観光客が、帰国後も日本の製品をオンラインショップでリピート買いしたり、口コミやSNSを通じて発信をしたことから越境ECは高い注目を集めるようになりました。

経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2018年の中国・米国向け越境EC市場は前年比17.3%増の2兆3583億円(推計値)。
内訳は米国向け越境ECが同15.6%増となる8238億円、中国向けが同18.2%増の1兆5345億円でした。

「経産省 電子商取引に関する市場調査」より

日本の製品は世界的にも品質が評価されているので、越境ECは今後もまだまだ拡大のチャンスを秘めていると言えるのではないでしょうか。

弊社の越境EC事業

弊社はこれまで市場調査及びコンサルティングサービスを通して、日本企業の中国市場参入/マーケティング活動をサポートしてまいりました。
そのような活動の中で越境ECのビジネスチャンスに気づき、2014年から越境ECへの取り組みを開始いたしました。

お陰様で越境ECの市場拡大とともに事業拡大し、現在RED(xiaohongshu.com)、KAOLA(kaola.com)、JD(jd.com)、等のECサイト大手と取引する運びになっております。

越境ECのメリット

越境ECには、主に以下のような2つのメリットがあります。

  • 海外のマーケットでビジネスができるので、新規顧客獲得による売上拡大が見込める
  • 海外で実店舗を運営するよりも、ECサイトを運営する方がコストがかからない

日本国内は少子高齢社会化すすみ、消費が停滞していますが、中国をはじめとした海外の国々ではまだまだ消費は拡大傾向といえます。

これ以上の消費の拡大を見込みにくい日本ではなく、伸び代のある海外市場を相手に商品を販売することは大きなビジネスチャンスだと言えるでしょう。

さらに、日本の製品は海外で品質の高さが支持されている上に、まだまだ希少価値があります。 日本国内の販路に伸び悩んだら、比較的ローコストで参入ができる越境ECに挑戦して、商機を掴んでみませんか。

中国向け越境EC事業

  • チャイナ・マーケティング・サービスは、中国市場向けに越境ECを行っています。3つの形で日本のメーカー・卸様と提携しています。
    • 仕入販売(弊社在庫、弊社名義のEC店舗)
    • 委託販売(御社在庫、弊社名義のEC店舗)
    • 運営代行(御社在庫、御社名義のEC店舗、運営代行料が発生します)
  • 商品情報の整理、出店、関税、現地物流、顧客対応といった煩雑な業務を弊社が全て引き受けることによって、中国消費者からの購入を容易にしました。
  • 物流に関しては、現地保税区を利用するルートと、日本から個人への直送(B2C)ルート、両方利用可能です。商品の特性や販売見込みに合わせて合理的な物流プランを提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © China Marketing Service Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.